>

インクジェット印刷によりガス拡散層の開発

LG Chem, Ltd.とHannam Universityの研究グループが、インクジェット印刷によりパターン化したガス拡散層(P-GDL)を開発しました。

この研究成果は、Renewable Energyに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Bae, Insung, et al. "In-plane 2-D patterning of microporous layer by inkjet printing for water management of polymer electrolyte fuel cell." Renewable Energy 146 (2020): 960-967.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960148119310237#!



膜湿度の保存とセル内の過剰な水の削減との間の適切な水バランスは、高分子電解質燃料電池(PEFC)の商業化にとって重要な課題です。

この課題に対して、同研究グループはインクジェット印刷法を使用して、異なる形態のラインパターンで構成されるミクロポーラス層(MPL)を作製しました。







ガス拡散バッキング層(P-GDL)にコーティングされたパターンMPLは、市販の条件(SGL、39BC)と比較して50および32%RH条件での電力性能を向上させたとのことです。


この結果は、MPLの面内の異なる多孔質パターンが、膜/電極アセンブリ(MEA)の水バランスでPEFCの性能を向上させる重要な可能性を持っていることを示唆しています。


#インクジェット #膜

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

3D印刷により薬剤濃度の異なる錠剤を作製し薬物負荷効率を評価

University of Connecticutの研究グループが3D印刷により薬剤濃度の異なる錠剤を作製し薬物負荷効率を評価しました。 本研究成果は、International Journal of Pharmaceutics 584 (2020): 119430に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Sen, Koyel, et al. "Formulation de

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.