>

インクジェット印刷による薄膜歪センサの開発

University of PittsburghとUniversity of Virginiaの研究グループが、インクジェット印刷によりポリイミド上に炭素ベースの薄膜歪センサを開発しました。

この研究成果は、Sensors and Actuators A: Physicalに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Li, Qiuyan, et al. "Carbon based Polyimide Nanocomposites Thin Film Strain Sensors Fabricated by Ink-jet Printing Method." Sensors and Actuators A: Physical (2019): 111664.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0924424719309914#!


カーボンナノチューブ(CNT)とグラフェンナノプレート(GNP)は、カーボンベースのナノコンポジットデバイスを製造するための2つの一般的なフィラーです。

同研究グループは、CNT-ポリイミド(PI)およびGNP-PIナノコンポジット薄膜ピエゾ抵抗ひずみセンサーを柔軟なポリイミド基板上にインクジェット法を用いて作製し、そのピエゾ抵抗感度と温度係数を特性評価しました。



フィラー濃度の関数として体積伝導率を調査することにより、2つのナノコンポジットの浸透閾値を最初に決定し、浸透閾値付近のフィラー濃度を持つナノコンポジットデバイスの製造を行っています。

ナノコンポジットひずみセンサーのピエゾ抵抗感度は、引張試験によって評価を行っています。


製造されたGNP-PIナノコンポジットひずみセンサーが、CNT-PIカウンターパートよりも高いひずみ感度を示すことを示したとのことです。



#CNT #GNP #インクジェット

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.