>

インクジェット印刷を使用したソフト圧力センサーを開発

Washington University in St. Louisの研究グループが、インクジェット印刷を使用してソフト圧力センサーを開発しました。

この研究成果は、Advanced Materials Technologiesに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Lo, Li‐Wei, et al. "Inkjet‐Printed Soft Resistive Pressure Sensor Patch for Wearable Electronics Applications." Advanced Materials Technologies (2019).

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/admt.201900717



ソフト圧力センサーは、ソフトロボット工学、生物医学デバイス、およびスマートウェアラブルの幅広い用途に使用できます。


同研究グループは、インクジェット印刷を用いることで高感度な抵抗圧力センサーを作製しました。


デバイスは、ポリジメチルシロキサン基板に直接印刷され、VHBテープでカプセル化された導電性銀ナノ粒子(AgNP)層で構成されています。

圧力は、印刷されたAgNP薄膜の圧力誘起歪みによって引き起こされる電気抵抗の変化によって測定されます。



基板の剛性と厚さが感度に及ぼす影響と、最大0.48 kPa-1の感度で再現性の高い応答を示す最適化された構成に関して、体系的に研究されています。

さらに、このような印刷されたソフトセンサーパッチは、動脈パルス波形を測定したり、さまざまな音圧レベルの下で音響振動を検出したりできることを実証しました。


インクジェット印刷の抵抗圧力センサーは、シンプルで低コストの製造プロセスと高感度により、将来の生物医学およびスマートウェアラブルデバイスのアプリケーションに有望です。



#圧力センサー #プリンテッドエレクトロニクス

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.