>

エアロゾルジェットの長期安定稼働を実現

Sandia National Laboratoriesの研究グループが、インクカートリッジの改良によりエアロゾルジェットの長期安定稼働を実現しました。

この研究成果は、Flexible and Printed Electronics (2020)に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Tafoya, Rebecca R., and Ethan Secor. "Understanding and mitigating process drift in aerosol jet printing." Flexible and Printed Electronics (2020).

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2058-8585/ab6e74/pdf


エアロゾルジェット印刷は、柔軟でハイブリッドな電子機器向けの多目的で高解像度のプロトタイピング機能を提供します。


しかし、近年の急速な成長にもかかわらず、工程で発生するドリフトといった問題により、生産環境でのエアロゾルジェット技術の採用が限られてきました。


このような背景から、同研究グループは、エアロゾルジェット印刷中の工程ドリフトの根本的な原因を調査し、堆積安定性を改善するための工学的ソリューションを本研究において紹介しています。


カートリッジ内のインク量は、霧化効率を決定する重要な要素であり、印刷によって生じるインク量の減少が、重大かつ体系的なプロセスのドリフトを引き起こす可能性があることを確認しました。


同研究グループは、カスタム3Dプリントカートリッジを作製しインク再循環システムを統合することにより、カートリッジ内のインク組成とレベルがより適切に維持しました。

この結果、30時間の印刷結果から証明されるように、安定性が向上し、長時間印刷が可能になりました。


これは、エアロゾルジェット印刷の継続時間を延長し、信頼性を向上させるための重要なツールとなります。



#エアロゾルジェット #安定

最新記事

すべて表示

エアロゾルジェット技術を用いた抵抗器

Optomec社の研究グループが エアロゾルジェット技術を用いた抵抗器を紹介しています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Feng, James Q., Anthony Loveland, and Michael J. Renn. "Aerosol Jet Direct Writing Polymer-Thick-Film Resistors for Printed Electroni

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.