>

エマルジョン燃料液の蒸発のモデル化

最終更新: 2月6日

Tianjin Universityと Argonne National Laboratory,の研究グループが、エマルジョン燃料液における蒸発プロセスを調査し、加熱と蒸発のモデル化を行いました。

この研究成果は、Fuel 266 (2020): 116710に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Shen, Shiquan, et al. "A model for droplet heating and evaporation of water-in-oil emulsified fuel." Fuel 266 (2020): 116710.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0016236119320642


油中水(W / O)乳化燃料は高温での水のフラッシュ沸騰を誘発することにより、燃料噴霧の霧化を改善できる有望な代替燃料です。

乳化燃料液滴の加熱および蒸発プロセスは、加熱中の油中の小さな分散水滴の拡散と合体の影響を受けます。


同研究グループは、これらの重要な物理的性質を考慮して、W / O乳化燃料の液滴加熱と蒸発のモデルを開発しました。

油に分散した水滴の拡散率は、ストークス-アインシュタインの方程式を使用して計算されます。

水の凝集は界面活性剤の失活によるものであるため、界面活性剤の失活温度は水の合体の基準として選択されます。

液滴温度が界面活性剤の非活性化温度に達すると、分散した水滴が即座に油滴の中心で単一の水サブ液滴に合体するように、水合体のプロセスが単純化されます。

モデルは、異なる加熱温度、界面活性剤濃度、および分散した水滴のサイズの下での単一の液滴の実験データに対して検証されます。


提案されたモデルに基づいて、燃料の特性と加熱条件が液滴の加熱と蒸発に及ぼす影響を分析します。



#エマルジョン #沸騰 #加熱 #蒸発

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.