>

バイオエレクトロスプレー法を用いて精子を印刷

University College Londonらの研究グループが、バイオエレクトロスプレー法を用いて精子を取り扱えることを実証しました。

この研究成果は、Materials Todayに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

O'Neill, Helen C., et al. "Bio-electrosprayed human sperm remain viable." Materials Today (2019).

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1369702119308065



過去の研究で、バイオエレクトロスプレーにさらされた特定の生細胞は生存し続け、対照細胞と比較して予想どおりに動作することが実証されています。

過去の研究では、生体エレクトロスプレー後の細胞がマウスに移植された場合にも拡大し、拒絶反応を示さず、実際、周囲の宿主組織と統合することを確認しました。このような結果から、損傷や老化した組織の修復、交換、および若返りのために機能的組織を設計するためのフロントランニングバイオプラットフォームとしてバイオエレクトロスプレーが有効であると示されています。


このような背景から、同研究グループは、人体で最も小さく最も高度に特殊化された細胞である精子をバイオエレクトロスプレーによって直接処理する可能性を調査しました。



これらの研究により、生体エレクトロスプレーが生存能力を損なうことなく直接人間の精子を処理する能力を実証し、同時に人間の精子をカプセル化する技術の能力を実証しました。ここで報告されたこれらの調査は、人間の生殖科学と医学に興味深い影響を与える一方で、農業や養殖業などの分野への適用も有望です。



#バイオエレクトロスプレー #エレクトロスプレー #精子


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.