>

バインダーと界面活性剤の添加により均一な量子ドット薄膜を作製

Fuzhou Universityの研究グループがバインダーと界面活性剤の添加によりインクジェット印刷した量子ドットの均一な薄膜を作製しました。 本研究成果は、Journal of Information Display (2019): 1-9に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Lin, Nan, et al. "Effect of using ink containing polyacrylate and silicone surfactant on the inkjet printing of quantum dot films." Journal of Information Display (2019): 1-9.

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/15980316.2019.1707310

デバイスの印刷では、作製した薄膜の形態がインクジェット印刷におけるデバイスの性能に影響を与えるため、均一な薄膜を印刷することが重要です。

同研究グループは、安定してよく分散したインクを調製するために、ポリアクリレートとシリコーン界面活性剤BD-3033Hをインクに追加しました。



次に、インクのポリアクリレートとシリコーン界面活性剤の含有量と基板温度を最適化することにより、均一な量子ドット(QD)薄膜を作製しました。 ポリアクリラート構造の巻き鎖構造から3次元ネットワーク構造への変化により、コーヒーリング現象によるQDの外向きの流れがブロックされました。 シリコーン界面活性剤BD-3033Hは、Marangoni流を引き起こし、QDを内側に移動させました。 基板温度が上昇すると、溶媒の蒸発速度が加速され、接触線が固定され、外向きの流れが強化され、膜構造が凸状から平坦に変化しました。 最後に、ポリアクリレート含有量が12 wt%の場合、シリコーン界面活性剤BD-3033H含有量は0.10 wt%で、基板温度は40°Cであり、コーヒーリング効果はなくなりました。 均一なQDフィルムが印刷され、将来のQDデバイスの製造に対する技術的保証が提供されました #量子ドット #コーヒーリング

最新記事

すべて表示

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.