>

レーザー誘起前方転写法における非ニュートン性を加味したモデル化に成功


National Technical University of Athensのグループが、レーザー誘起前方転写法ににおける非ニュートン液体まで含むモデル化を行いました。

この研究成果は、Applied Surface Scienceで発表されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Kalaitzis, A., et al. "Jetting dynamics of Newtonian and non-Newtonian fluids via Laser-induced forward transfer: Experimental and simulation studies." Applied Surface Science (2018).

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0169433218325005



マイクロエレクトロニクスの分野における現在の技術動向の一つが、高解像度でかつ精密なパターンを実現する費用対効果の高い技術の確立です。

インクジェット法、エアロゾルジェット法など多くの技術が注目される中、レーザー誘導前方転写法(LIFT)は、これらの要求を満たす技術として多くの注目を集めている技術です。

しかしながら、プロセスの再現性および印刷解像度を改善するために、印刷可能な流体のレオロジー特性およびそれらの噴射原理に関するさらなる研究が求められていました。



LIFT概略図(同グループHPより)

上記課題に対し、同グループは、レーザー照射による液体泡の形成と膨張、液体ジェットの伝播を調べました。また、ニュートン流体および非ニュートン流体を広範囲の粘度にわたって比較し、かつプロセスの伝達メカニズムについてより多くの洞察を得るために、計算モデルを適用したとのことです。

シミュレーションの予測は実験結果に対して検証され、非ニュートン流体の場合でも良好な一致が見出されたとのことです。

今回の研究によって得られた正確なモデリングは技術の最適化を助け、LIFTが費用対効果の高いツールとして開発できることを示しているとのことです。


#レーザー前方転写法 #LIFT



140回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.