>

印刷品質を向上させるアルゴリズムを開発

Technical University of Munichの研究グループが、インクジェット印刷において印刷品質を向上させるアルゴリズムを開発しました。

この研究成果は、Flexible and Printed Electronicsに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Rinklin, Philipp, et al. "Electronic design automation for increased robustness in inkjet-printed electronics." Flexible and Printed Electronics (2019).

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2058-8585/ab4c1c/meta


プリンテッドエレクトロニクスは、材料消費量の少なく、高速でスケーラブルなプロセスのため、低コストで大面積の製造が可能になると大きな関心を寄せられています。


ただし、意図しない印刷結果を防ぐためには、レイアウト設計とプロセスパラメーターを微調整するなど、現在、多大な時間と労力が必要です。


このような課題に対し、同グループは、電子レイアウトの自動分割化を使用して、入力レイアウトをセグメント化し、結果のオブジェクトを個別の競合のないレイヤーに配置することにより、このような印刷不良を軽減することを実現しました。


アルゴリズム処理を使用した場合と使用しない場合のテストレイアウトの印刷結果は、フィルムの形態、デバイスの機能、製造歩留まりの点で評価を行いました。得られた結果は、最適化されていないバッチと比較して、最適化された製造バッチの製造結果がより一貫して、歩留まりが大幅に向上していることを示しているとのことです。


レイアウトの最終処理には、人間の介入は不要であり、今回開発されたアルゴリズムはさまざまなインク基板システムに簡単に移行できるとのことです。


#インクジェット #プリンテッドエレクトロニクス #印刷アルゴリズム

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.