>

培地への細胞直接印刷

最終更新: 2019年9月9日

Pohang University of Science and Technologyの研究グループが、培地への直接細胞印刷による微細パターニングに成功しました。

この研究成果は、Scientific reports 7.1 (2017)に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Park, Ju An, et al. "Freeform micropatterning of living cells into cell culture medium using direct inkjet printing." Scientific reports 7.1 (2017): 14610.

https://www.nature.com/articles/s41598-017-14726-w


細胞環境を局所的にミクロンスケールで制御するため、多くの微細加工技術が用いられてきています。

ただし、人体の複雑さを正確に模倣するために、同じ基板上で複数の種類の細胞を共培養し、形態および設計の自由度を維持しながら組織構造を構築することは依然として困難でした。




このような課題に対し、同グループは、初めて、インクジェット法を用いて生きた細胞を培地に直接パターン化する方法をこの論文にて提示しています。

細胞の位置の高解像度制御は、細胞噴射および衝撃挙動の高速イメージングを用いて印刷パラメータを正確に最適化することによって達成されます。

複雑なグラデーション配置を含むさまざまなデザインにさまざまなセルを同時に印刷することで、直接セル印刷方式の機能を実証しました。

最後に、同グループは、培地充填培養皿に異なるサイズの市松模様で印刷されたA549およびHeLa細胞を生成することによって、季節性H1N1インフルエンザウイルス(PR8)の感染性に対する細胞集団の不均一性および幾何学的形状の影響を調査しています。


直接インクジェットセルパターニングは、基礎生物学および応用バイオテクノロジーの両方にとって強力で多用途のツールとなり得る。


ここで開発された直接印刷アプローチは、液体環境において複数の種類のセルの自由なパターニングを実現しています。

生細胞の制御された空間的位置は、損傷を引き起こすことなくドロップオンデマンドインクジェットによって簡単に作られています。

この方法は、生体内で観察される重要な細胞 - 細胞および組織 - 組織界面をより正確にモデル化するための新たな機会を提供し、さらに、ハイスループット分析や薬物スクリーニングに適用されると同グループは主張しています。



#細胞 #インクジェット



51回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.