top of page

>

市販プリンターを用いたウェアラブルデバイスの作製

Saarland Universityの研究グループが、市販のプリンターを用いてウェアラブルデバイスを印刷するプロセスを開発しました。

この研究成果は、Researchgateに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Khan, Arshad, et al. "Soft Inkjet Circuits: Rapid Multi Material Fabrication of Soft Circuits Using a Commodity Inkjet Printer." 2019.



ウェアラブルデバイスに代表される柔軟性の高いソフトデバイスの人気が近年高まっています。しかし、その製造は複雑で時間がかかります。


このような課題に対し、同グループは市販のデスクトップインクジェットプリンターを使用して、回路の製造プロセスを確認しました。



本研究では、ソフトインクジェット回路を紹介し、ソフトで伸縮性のあるデバイスを作成するためのインクジェット印刷の可能性を示しました。

これは、市販のインクジェットプリンターで使用できる機能インクと基材のセットを大幅に拡張することで実現されます。 1台のプリンターで複数のインクを同時に使用する方法を紹介し、金属およびポリマーの導体と絶縁インクおよびグラフィカルインクを組み合わせました。

すべてのインクは、さまざまな機械的特性を提供する素材のフルセットに印刷できます。さらに、プリストレッチ基板と改良されたデザインを組み合わせることで、2層デバイスを実現し、伸縮性を高めることができることを実証しました。


最後に、一連の技術的なデモンストレーションにより、e-テキスタイル、e-タトゥー、伸縮可能な入力デバイス、および再成形可能なデバイスを実現できることが示されています。


今回実証されたアプローチは、研究者、メーカー、日曜大工コミュニティにとっても大きな可能性があると考えています。

また、自宅の全員にデスクトッププリンターを提供して、パーソナライズされたインターフェイス、ウェアラブル、インタラクティブなタトゥーを印刷するというビジョンに向けた実行可能な道を示します。



閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

3D印刷により薬剤濃度の異なる錠剤を作製し薬物負荷効率を評価

University of Connecticutの研究グループが3D印刷により薬剤濃度の異なる錠剤を作製し薬物負荷効率を評価しました。 本研究成果は、International Journal of Pharmaceutics 584 (2020): 119430に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Sen, Koyel, et al. "Formulation de

Kommentare


bottom of page