>

布地への液滴浸透や濡れ広がり挙動のシミュレーション

Xi'an Polytechnic Universityの研究グループが、布地への液滴塗布における浸透や濡れ広がり挙動のシミュレーションを行いました。

この研究成果は、AATCC Journal of Research 7.1 (2020): 37-45に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Xiao, Yuan, et al. "Modelling of Droplet Deposition Shape on Fabric Surface using Spray Printing." AATCC Journal of Research 7.1 (2020): 37-45.

https://www.ingentaconnect.com/contentone/aatcc/jor/2020/00000007/00000001/art00005#expand/collapse


布地に柔軟な導電線を形成するために使用されるドロップオンデマンド3D印刷の実装を行うためには、液滴堆積メカニズムを理解する必要があります。


このため、同研究グループは、布地表面への堆積プロセスに関して、流体の2相体積(VOF)コンピューティングモデルに基づいてシミュレーションを行いました。

液滴と布地の相互作用、および浸透プロセスをシミュレートしました。

液滴堆積プロセスにおける圧力と速度の分布、および表面張力と粘度の影響も研究しました。


シミュレーションと実際の実験結果を比較したところ、液体の内部圧力勾配が、液滴の広がり、浸透、および気泡形成の主な理由であることを確認しました。



#浸透 #布地 #3D印刷

31回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.