>

東芝三菱電機産業システム株式会社、独自のミスト成膜技術によるカーボンナノチューブの薄膜化に成功

東芝三菱電機産業システム株式会社は、独自のミスト成膜技術により、カーボンナノチューブの薄膜化に成功したと発表しました。


カーボンナノチューブは導電性に優れ、強度と柔軟性を兼ね備えた材料として注目されており、さらにフィルム状にすることで様々な分野へ用途が広がることが期待されています。

特に、透明導電性フィルムとして実用化された場合、太陽電池セルの大面積化や自由な形状をした、新しいディスプレイパネル等の実現が期待されている材料です。


今回は、カーボンナノチューブ原料をミスト化し噴霧する独自のミスト成膜技術により、「厚みが100ナノメートルの均一な膜厚」を実現することに成功し、また同時に、透明導電性フィルムとして「透過率90%以上」も達成したとのことです。

同社では、今後、カーボンナノチューブ薄膜の早期実用化に向け、プロセス条件等の一層の最適化を図る予定とのことです。


引用元プレスリリース:

https://www.tmeic.co.jp/news_event/pressrelease/2018/20180316.pdf


同社の透明導電膜成膜装置のサイト:

https://www.tmeic.co.jp/product/innovation/mist_cvd/


コーティングの原理図:


ミストCVD法の基礎が知りたい方はこちらへ:

http://www.nano.kochi-tech.ac.jp/tosiyuki/PDF/CVDsss-mist.pdf



#エアロゾル #薄膜 #ミスト

最新記事

すべて表示

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.