>

気泡振動を利用した液滴生成技術

Urmia University of Technologyの研究グループが気泡振動を利用した液滴生成技術を開発しました。

本研究成果はEngineering Analysis with Boundary Elements 113 (2020): 416-427に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Rafizadeh, Sahar, and Abdolrahman Dadvand. "Droplet generation via oscillation of a transient bubble inside a funnel-like chamber." Engineering Analysis with Boundary Elements 113 (2020): 416-427.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0955799720300229


同研究グループは、漏斗状チャンバー内の気泡振動に基づいた新しい微小液滴生成技術が開発し、BEM-有限差分法を組み合わせて数値的に調査しました。


この手法は、内部の一時的な気泡の振動により、液滴が生成され、チャンバーの上部開口部から排出します。

チャンバー内の水は、上部から大気にさらされ、下部から液体リザーバーに接続されます。

バブルは、電気火花、レーザービーム、または高強度集束超音波(HIFU)によって生成可能です。


本研究では、気泡と壁との距離(スタンドオフ距離)の影響と、それに続く液滴特性を評価しています。


気泡がチャンバの狭い部分で開始されると、気泡はチャンバの側壁の影響を受けます。

気泡が自由表面に近づくにつれて、壁の効果は減衰します。さらに、液滴サイズとピンチオフ時間はスタンドオフ距離に依存するため、スタンドオフ距離が増加すると、液滴サイズは減少しますが、ピンチオフ時間は増加することを確認しました。


#液滴 #気泡振動 

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.