>

水性膜形成泡消火剤AFFFの衝突過程を調査

National Taiwan University of Science and Technologyの研究グループが水性膜形成泡消火剤AFFFの基板への衝突過程を調査しました。

本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Hussain, Siam, and Shi-Yow Lin. "Impingement of aqueous film forming foam (AFFF) solution drops on wood: Wetting and splash." Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020).

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1226086X20302069


落下衝撃は、多くの科学的原理や技術的応用において非常に重要です。


液滴の落下現象に関する広範囲にわたる実験的および理論的研究が行われてきましたが、動的湿潤挙動および界面活性剤添加物を含む衝突水滴のスプラッシュ現象はまだ明確になっていません。



同研究グループは、水性膜形成泡消火剤AFFFを用いた衝突現象を調査しました。

AFFF(0.03%)溶液滴の衝突を各衝突速度において高速ビデオカメラを使用して撮影しました。

その結果から、衝突滴の動作、スプラッシュ現象の発生、および放出された液滴の特性を理解しました。



また、AFFF液滴の衝突現象を、同様の範囲の衝撃速度で衝突させた純水液滴の衝突現象と比較しました。


実験データは、衝突する液滴の濡れ挙動と放出される液滴の特性が、主に液滴の衝突速度と表面張力に依存していることを確認しました。


水滴とAFFF溶液滴の衝突時の二次液滴の形成をさらに評価したところ、表面張力に大きな違いがあるにもかかわらず、放出される液滴の形成は互いに類似していることが明らかになりました。


#液滴 #衝突 #AFFF


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析

Jilin Universityの研究グループが超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Liu, Chunbao, et al. "Mechanism analysis a

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.