>

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。

本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Bernard, Ronan, et al. "On the crown rim expansion kinematics during droplet impact on wall-films." Experimental Thermal and Fluid Science (2020): 110168.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0894177719319910


薄い壁のフィルムに液滴が衝突する際、いわゆる「クラウン」と呼ばれる液体の薄い層が、衝突点から離れて放射状かつ垂直に発生します。


この現象はしばしば、クラウンリムでの指状の成長に関連し、魅力的なクラウンタイプの水しぶきにつながります。


同研究グループは、液滴と壁膜を異なるシリコーンオイルで構成した場合のクラウン生成に関する実験的調査を報告しました。


本研究は拡張フェーズ中の関連する長さ、速度、および加速度スケールに関して、クラウンリムの運動学を特徴付けることを目的にしています。


分析の結果、クラウンリムの変位は、リムの膨張を特徴付ける物理的に意味のあるパラメーターであることがわかりました。

このパラメーターから、クラウンリムの最大拡張、平均速度、およびクラウンリム拡張の一定の減速を明確に定義できます。

本研究ではクラウンリムの拡張に関連するこれらの長さ、時間、速度、および加速スケールに対する液滴および壁膜の特性(特に、それらの粘度)、液滴の衝撃速度、および壁膜の厚さの影響を調べています。


さらに本件きゅでは、広大なデータベースから抽出された実験データは、文献で報告された関連モデルからの理論的予測と体系的に比較され、それらの適用範囲について検討を行っています。


#ミルククラウン #液滴衝突

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析

Jilin Universityの研究グループが超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Liu, Chunbao, et al. "Mechanism analysis a

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.