>

液滴の衝突挙動を旋回運動に変換

最終更新: 2019年9月9日

Chinese Academy of SciencesとTsinghua Universityの研究グループが、衝突する液滴の力を旋回運動に変換できることを発表しました。

この研究成果は、Nature communicationsに発表されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Li, Huizeng, et al. "Spontaneous droplets gyrating via asymmetric self-splitting on heterogeneous surfaces." Nature communications 10.1 (2019): 950.

https://www.nature.com/articles/s41467-019-08919-2


液滴が固体表面に衝突する挙動を制御することは、様々な分野で重要です。

固体表面への液滴衝突時の挙動は、マイクロ/ナノ構造と固体の化学的性質の両方に依存します。

これらを制御する試みは多数されていますが、液滴の変形および衝撃を与える液滴と固体との間の相互作用時間が非常に短いために、衝撃を与える挙動を入念に操作することは依然として困難です。





このような課題に対し、同グループは液滴を接不均一な濡れ性のある表面に衝突させることで液滴の回転運動を生成し、その様子を報告しています。

力学モデリングに基づいた解析の結果、得られた液滴の角運動量は液の収縮中に蓄積する非対称付着力によって形成されることを明らかにしました。

適切な試験設計の下では、最大液滴回転速度は毎分7300回転(rpm)よりも大きくなり得るとのことです。


今回の研究成果は、液体の動きを微妙に制御し、固体を作動させるための有望な道を開くと期待されます。




#液滴 #衝突

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.