>

焼成不要な生体適合性のある銀インクを開発

Duke Universityの研究グループが、焼成不要で生体適合性のある銀インクを新たに開発しました。。

この研究成果は、Nanoscaleに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Williams, Nicholas X., et al. "Silver nanowire inks for direct-write electronic tattoo applications." Nanoscale 11.30 (2019): 14294-14302.

https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2019/NR/C9NR03378E#!divAbstract


金属インクを用いた印刷は、人間の皮膚などの生体組織への電子タトゥーや他の医療機器の直接書き込みを容易にする可能性があります。

しかし、十分な電気的性能を達成するために、導電性インクの大部分は生物学的に有害な後処理技術を必要とします。

さらに、ほとんどの印刷された導電性トレースは、日常の動きから生じる曲げ応力によって劣化するという課題があります。


このような課題に対し、同グループは、室温で生体基板上に導電性トレースの直接書き込み印刷を可能にする銀ナノワイヤベースの生体適合性インクを開発しました。このインクは乾燥時間が短いため、印刷後数分で使用できます。さらに、ナノワイヤの低温印刷により、最適な曲げ性能が得られます。





従来の銀ナノ粒子インクと比較して、ナノワイヤインクは低温硬化、改善された曲げ性能、および基材へのより優れた接着性を提供します。敏感な生物学的表面との適合性は、リンゴ、葉、および人間の指に導電性トレースを直接印刷することによって実証されました。すべての場合において、インクは、かなりの曲げ試験によっても安定した導電性を備えた堅牢なフィルムを生成しました。


生体適合性のある集積回路を組み込むことにより、このインクは直接印刷された電子タトゥーを介してウェアラブル電子産業の拡大を支援し、これまで以上に有用で複雑な生体関連センサー、診断、トラッカーを可能にすると期待されるとのことです。


#エアロゾルジェット #フレキシブル #ウェアラブル


129回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

エアロゾルジェット法を用いたシルクフィブロイン材料の印刷

Georgia Institute of Technologyの研究グループがエアロゾルジェット法を用いたシルクフィブロイン材料の印刷を行いました。 本研究成果は、Advanced Materials Interfaces (2020): 1902005に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Xiao, Yuhan, et al. "Challenges and Adv

エアロゾルジェット技術を用いた抵抗器

Optomec社の研究グループが エアロゾルジェット技術を用いた抵抗器を紹介しています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Feng, James Q., Anthony Loveland, and Michael J. Renn. "Aerosol Jet Direct Writing Polymer-Thick-Film Resistors for Printed Electroni