>

生体適合ポリマーのインクジェットコート

University of Rostockの研究グループが、エアロゾルジェット法による銅粒子のコーティングにおいて銅粒子サイズの影響を調査しました。

この研究成果は、 Current Directions in Biomedical Engineeringで発表されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Mau, Robert, et al. "Inkjet printing for localized coating and functionalization of medical devices." Current Directions in Biomedical Engineering 4.1 (2018): 233-236.


インクジェット技術は、ピコリットル規模の流体を制御する非接触の液体制御技術です。


近年、この技術は生物医学および医薬分野で注目されており、医薬品微粒子の印刷、経口薬剤送達装置、マイクロリザーバの薬物充填、薬剤の処方、3D印刷とバイオプリント、マイクロニードル、整形外科用インプラント、薬物溶出ステントのコーティング用途など、応用研究は多岐にわたります。




この研究グループは、局所的なコーティングおよび官能化のためのインクジェット印刷用途に焦点を当て、生体適合性のポリマーであるPoly(2-ethyl-2-oxazoline(以降、PetOx)を用いた局所コーティングおよびパターンの印刷における初期実験を実施いました。


同グループは水性PetOx溶液(50g / l)を作製し、約500plの液滴をインクジェット法で生成し滴下することで、ほぼ均一なポリマーライン(幅〜200μm)の印刷および積み重ねを実証したとのことです。


#ピエゾ #インクジェット



20回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.