>

着用可能な呼吸数計測用ひずみゲージセンサーをインクジェット印刷により作製し評価

German Jordanian University等の研究グループが、着用可能な呼吸数計測用ひずみゲージセンサーをインクジェット印刷により作製し評価しました。

この研究成果は、Applied Sciences 10.2 (2020): 480に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Al-Halhouli, Ala’aldeen, et al. "Clinical Evaluation of Stretchable and Wearable Inkjet-Printed Strain Gauge Sensor for Respiratory Rate Monitoring at Different Body Postures." Applied Sciences 10.2 (2020): 480.

https://www.mdpi.com/2076-3417/10/2/480


呼吸数(RR)は、継続的かつ便利で正確な測定が必要なバイタルサインであり、困難であり、現在も調査中です。

同研究グループは、胸部の呼吸量の変化を検出することでRRを継続的に推定するために、伸縮可能で着用可能なインクジェット印刷のひずみゲージセンサー(IJP)を調査および評価しました。



体積の変化はさまざまな体の姿勢でさまざまなひずみ変化を引き起こす可能性があるため、この研究では、選択した姿勢でのIJP RRセンサーの精度を調査することを目的としています。

評価は、15人の健康な男性被験者に対して2回実施されました(年齢の平均±SD:24±1. 22歳)。


RRは、IJP RRセンサーと基準RRセンサー(e-Health鼻温度センサー)によって、5種類の体位のそれぞれで1分あたりの呼吸数(BPM)で同時に測定されました。


IJPと基準センサー間、2つの試行間、または異なる体位間で測定されたRRに有意差はありませんでした(すべてp> 0.05)。

体位は、IJPと参照センサーとの間のRR測定値の差に有意な影響を与えませんでした(両方の試験で各測定値の差<0.01 BPM)。


IJPセンサーはさまざまな体位でRRを正確に測定できるため、臨床および日常の使用に適した有望でシンプルで使いやすいオプションです。


#呼吸数 #バイタルサイン

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.