>

親水性表面からの液滴剥離挙動を解明

The Hong Kong University of Science and Technologの研究グループが、親水性表面からの液滴剥離挙動を調査しました。

この研究成果は、Journal of Aerosol Scienceに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Wang, C. T., et al. "Droplet detachment behavior from a rough hydrophilic surface." Journal of Aerosol Science (2019): 105469.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0021850219305737



粗い親水性表面からの液滴の剥離挙動を理解することは、生物医学、表面コーティング、病原体を含むエアロゾルの再懸濁など、多くの生物学的および産業用途で重要です。

しかし、親水性表面上の液滴の部分的な剥離により、いくつかの液滴残留物が残るため、付着挙動は非常に複雑な挙動になります。


このような課題に対し、同研究グループは、液滴と粗い親水性表面との新しい接着メカニズムを明らかにました。

付着挙動は、表面の微細構造に付着した液膜によって制御されます。接着の仕事への液膜と固体の寄与を記述するモデルを確立し、実験的にモデルを検証ました。

その結果、通常の接着力は、さまざまな表面粗さに対する横方向の接着力の約3.35±0.25倍であり、表面粗さに依存しないことを明らかにしました。

この結果は、分離メカニズムが異なるため、分離方向が接着に影響する重要な要因であることを意味します。


この研究の結果は、液滴の剥離と粗い表面への付着の理解に関する新たな洞察をもたらすとのことです。


#液滴 #分離 #接着

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.