>

電気流体力学ジェットにおけるノイズを補正するプログラムを搭載した制御システム

Xiamen Universityの研究グループが電気流体力学ジェットにおける吐出過程を調査し、かつノイズを補正するプログラムを搭載した制御システムを開発しました。

この研究成果は、Micromachines 11.2 (2020): 128に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Kang, Guoyi, et al. "Jet Mode Recognition of Electrohydrodynamic Direct-Writing Based on Micro/Nano Current." Micromachines 11.2 (2020): 128.

https://www.mdpi.com/2072-666X/11/2/128


電気流体力学ジェット(EDW)のジェットモードを把握することは、電気流体力学的直接描画(EDW)技術の正確な制御とさらなる応用にとって重要です。


そのような背景から、同研究グループはジェットモード認識用検出モジュールを備えたEDWシステムを構築し、評価しました。

本システムでは、EDWジェットの電流を測定して、パターン構造の印刷時にジェットモードを認識しています。次に、デジタルカイザーローパスフィルターを備えたデータ処理プログラムがMATLABで開発され、それを介して現在の信号のノイズが低減されます。


さまざまなジェットモードを認識するために、電流の変動やピーク電流間隔などのEDW電流の特徴を研究しました。

その結果、3つのジェットモード(液滴射出モード、テイラーコーン射出モード、および収縮射出モード)を調査しました。


テイラーコーン放出モードは、ピーク電流の変動係数が最小です。

この作業は、電気流体力学ジェットにおける最適化された制御アルゴリズムを設計し、閉ループ制御システムを実現する優れた方法を提供します。これにより、ジェットの安定性が向上し、EDWテクノロジーの適用が加速します。



#静電 #電気流体力学ジェット #EDW

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.