>

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。...

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020):...

超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析

Jilin Universityの研究グループが超疎水性表面(SHS)の防氷メカニズムを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。...

電解質基を持つ水溶性ポリマーのインクジェット吐出

Aalto Universityの研究グループが電解質基を持つ水溶性ポリマーのインクジェット吐出を評価しました。 本研究成果は、AIP Advances 10.5 (2020): 055309.に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文:...

電気流体力学ジェットを用いたマイクロギアの作製

Sungkyunkwan Universityの研究グループが電気流体力学ジェットを用いてマイクロギアを作製しました。 本研究成果は、Advanced Engineering Materialsに掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhang,...

気泡と油滴の付着プロセスを調査

East China University of Science and Technologyの研究グループが気泡と油滴の付着プロセスを調査しました。 本研究成果は、Chemical Engineering Science (2020): 115740に掲載されています。 ...

表面弾性波(SAW)による液滴噴射

Hangzhou Dianzi Universityの研究グループが表面弾性波(SAW)を用いた液滴の噴射角度制御可能なデバイスを製造しました。 本研究成果は、Journal of Physics D: Applied Physics (2020).に掲載されています。 ...