>

オイル衝突におけるミルククラウン形成メカニズムを調査

Tianjin Universityの研究グループが、オイル衝突におけるミルククラウン形成メカニズムを調査しました。

この研究成果は、No. 2020-01-1429. SAE Technical Paper, 2020に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Wang, Yuqian, et al. Study on dynamic characteristics of droplet impact on wet wall. No. 2020-01-1429. SAE Technical Paper, 2020.

https://www.sae.org/publications/technical-papers/content/2020-01-1429/


ガソリンエンジンにおけるスプレー噴射によるオイルと基板との衝突と両者の相互作用をよりよく理解することを目的に、同研究グループは、単一の液滴が油膜に衝突する挙動を調査しました。

同研究グループは、レーザー誘起蛍光法を使用して、エタノール水溶液がグリセロール水溶液の液膜に衝突する現象を観察しています。


入射液滴のWe数、液膜の動粘度、無次元液膜の厚さを調査し、蛍光強度とコロナ(王冠状に飛散した液滴)組成の関係、およびコロナとスプラッシュの形成メカニズムの把握を試みています。


調査の結果、We数が形成されるミルククラウンの飛沫に大きな影響を与えることを確認しました。

また、液膜の高い動的粘度と高い無次元厚さは、コロナの形成と飛沫の抑制効果に関係があることが。

入射液滴のWe数が等しいという条件下では、液膜の動粘度が増加するにつれて、クラウンの液膜の組成が減少する。

また無次元の液膜厚さが増加するにつれて、クラウンの液膜の割合は増加する。

さらに液滴のWe数が増加すると、クラウンの液膜の組成が増加する。

コロナは、ジェット強度がクラウン上部の張力に打ち勝ったときに形成されるスプラッシュによって発生します。



#ミルククラウン #反跳 #液滴 #衝突

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.