>

印刷品質評価用のテストパターンの開発

Omsk State Technical Universityの研究グループが、印刷品質評価用のテストパターンを新たに開発しました。。

この研究成果は、Journal of Physicsに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Sysuev, I. A., et al. "Universal test-object for monitoring resolution of inkjet printers." Journal of Physics: Conference Series. Vol. 1260. No. 3. IOP Publishing, 2019.

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1742-6596/1260/3/032037/meta



インクジェットプリンターは現在、デジタル印刷市場で最も競争力のあるタイプのプリンターの1つです。 他の印刷技術と同様に、画質は重要な側面です。


これに関連して、評価ツールの開発、特にカラーレンダリングとともに詳細な印刷精度を調べるツールが求められています。


このような課題に対し、同グループは、インクジェットプリンターの解像度を評価する方法と、印刷したテストパターンの結果に応じて行うパラメーターの解釈に関して研究を行いました。



同グループが開発したテストパターンは、インクジェットプリンターによる画像形成の特性により、横、縦、斜め方向の画像の細部の再現性を評価できるとのことです。

インクジェットプリンターの解像度の正確さを評価するために、画像空間にさまざまな方法で配置された線形ストロークを含む開発されたテストオブジェクトを使用することは有効であるとのことです。


#インクジェット #テストパターン


38回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.