>

微小マルトデキストリン液滴の乾燥後の形状とDE値との相関

Wageningen University and Researchの研究グループが、微小マルトデキストリン液滴の乾燥挙動から乾燥後の形状とDE値との相関を調査しました。

この研究成果は、Food Research International (2020): 108988に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Siemons, I., et al. "Dextrose equivalence of maltodextrins determines particle morphology development during single sessile droplet drying." Food Research International (2020): 108988.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0963996920300132


この研究の目的は、マルトデキストリンのデキストロース当量(DE)が最終粒子形態の指標として使用できるかどうかを調査することです。

マルトデキストリンは、ガラス転移温度(Tg)と粘度で特徴付けられ、低DE値のマルトデキストリンは、高DEマルトデキストリン(≧21)よりも高いTgと粘度を示します。

微小液滴を用いた単一液滴乾燥機を使用して、60℃および90℃での微小マルトデキストリン液滴(R0~100μm)の形態発達を分析しました。



評価の結果、低DEの液滴は、初期の皮膚形成(2〜5秒)を示し、大きな空洞を持つ滑らかな形状の粒子を発達させました。

82%(w / w)の乾燥物質での低DEマルトデキストリンフィルムのレオロジーは、表面の圧縮に対する耐性を提供する表面硬化後に乾燥液滴が弾性を獲得したことを示唆しました。

表面固化した後、ガラス状の状態に近づくと、おそらく発達が停止します。

それどころか、93%(w / w)の乾燥物質での高DEマルトデキストリン(≥21)フィルムのレオロジーは、高DEの液滴を乾燥すると粘性のある表皮を形成することを示唆しました。この表皮は表面の変形の影響を受けやすく、粒子のしわ、折り畳み、またはしわになります。


本研究の結果は、DE値が粒子形態の発達の指標として使用できることを示しているといえます。


#液滴 #乾燥

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

油膜において発生するミルククラウンを分析

University of Stuttgartの研究グループが油膜に油滴が衝突することで発生するミルククラウンを分析しました。 本研究成果は、International Journal of Heat and Mass Transfer 156 (2020): 119768に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Bernard, Ronan, et al. "On the

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.