>

積層炭素繊維強化プラスチック(CFRP)にひずみゲージを印刷

Otto von Guericke UniversityとUniversity Stuttgartの研究グループが、積層炭素繊維強化プラスチック(CFRP)にひずみゲージを印刷によって統合しました。

この研究成果は、Journal of Machine Engineeringに掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Misch, Sandra, Florian Welzel, and Hans-Christian Möhring. "Integrated strain gauge printing in a CFRP structure." Journal of Machine Engineering 19 (2019).

http://yadda.icm.edu.pl/yadda/element/bwmeta1.element.baztech-69ba4395-dc80-4048-a2d5-bef38bf6151a


今日、様々な印刷技術の発展により、プリンテッドエレクトロニクスへの関心が高まっています。

特に印刷したセンサーの活用は、様々な基板に対してなされており、アルミニウムシート成形から医療部品まで、幅広い用途で使用が試みられています。


このような背景から、同研究グループは、ひずみゲージを積層炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の構造に印刷によって統合しました。




印刷による重量の変化はわずかであるため、センサーを追加することによる外乱を最小限に抑えることができます。

同グループは、作製したひずみゲージの印刷方向の向き、繰り返し印刷の影響、印刷中のオーバーラップ、およびCFRPプレートでのその後の積層に関する研究を行いました


研究の結果、ひずみゲージの向きが測定する抵抗に影響することが示されたとのことです。




#ひずみゲージ #センサー #プリンテッドエレクトロニクス

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.