>

酸化鉄ナノ粒子を用いてフルレンジ測定可能な湿度センサーを作製

Jeju National Universityの研究グループがインクジェット印刷とスピンコートを用いてフルレンジ測定可能な湿度センサーを作製しました。

本研究成果は、Sensors and Actuators A: Physical (2020): 112072に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Khan, Muhammad Umair, et al. "All printed full range humidity sensor based on Fe2O3." Sensors and Actuators A: Physical (2020): 112072.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0924424720302144


環境内の湿度レベルを正確かつ定量的に検出することは、プリンテッドエレクトロニクスの分野で課題となっています。

特に、センサーの感度と再現性の向上は、さまざまな製造手順と材料の選択に依存します。


すべての範囲の湿度検出を備えた安定した再現可能なセンサーとして、同研究グループはインターデジタル電極(IDEs)を使用し、酸化鉄(Fe2O3)ナノ粒子インクを検知層として使用する柔軟な湿度センサーを作製しました。



IDEsは線幅とスペースが100μmとなるようにインクジェットプリンターDMP-3000を使用して印刷され、アクティブ層はスピンコーターを使用して製造されています。


達成されたセンサーの全体的な寸法は、それぞれ長さが約11 mm×7 mmでした。


提案されたセンサーのインピーダンス、静電容量、周波数、およびシート抵抗パラメーターは、0-100%の相対湿度(RH)を実現する気密の自家製テストセットアップで測定されました。


提案されたセンサーは、それぞれ約1.79秒の高速応答、および約4.97秒の回復時間を示しています。

したがって、提案された結果は、リアルタイムの環境モニタリングアプリケーションで湿度の変化を検出できる、非常に安定したセンサーであることを示しています。


#Fe2O3 #湿度センサー

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

液滴壁衝突条件の分析モデルを構築

Michigan Technological Universityの研究グループが液滴壁衝突条件の分析モデルを構築しました。 本研究成果は、Journal of Industrial and Engineering Chemistry (2020)に掲載されています。 この記事は下記論文の紹介記事です。 論文: Zhai, Jiachen, et al. "An energy model of d

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.