>

PET繊維に対する繊維染料と耐光性の関係を調査

Donghua University等の研究グループが、PET繊維に対する繊維染料と耐光性の関係を調査しました。

この研究成果は、Journal of Molecular Structure (2020): 127815に掲載されています。


この記事は下記論文の紹介記事です。

論文:

Ding, Yi, et al. "Molecular and excited state properties of photostable yellow disperse dyes." Journal of Molecular Structure (2020): 127815.

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0022286020301393


ポリエチレンテレフタレート(PET)繊維に使用可能でかつUV光に対して高い耐性を持つ繊維染料は、自動車のインテリアや屋外用家具などの用途で使用される繊維素材にとって求めれています。


染料の光安定性は、1980年代に遡る自動車織物の染料構造の開発に影響を与えましたが、現在使用されている分散染料の性質はあまり知られていません。


このような背景から、同研究グループは、実験的および理論的な方法を使用して、PET繊維において耐光性の高い色を生成する市販の染料を調査しました。



屋外で使用されるPETベースのファブリックのスカーレットおよびブルー分散染料の特性評価を完了した後、市販の耐光性黄色染料の特性評価を行っています。


HPLC分析は、1対の黄色の生成物が3つまたは4つの色素を含む混合物であることを示し、1NMR、HRMSおよび単結晶X線回折分析の使用は、それらが同種のアゾアントラキノンベースの色素であることを示しました。



#染料 #耐光

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.