2液混合過程

インクジェット法は、微小液滴を非接触で基板に着滴させる技術です。

この特徴を活かした基板上での2滴混合過程を紹介します。

2滴混合過程:混色の様子(マゼンダ+シアンインク)

インクジェット法を用いることで、微小液滴を高い着滴位置精度で滴下できます。

この特徴を用いて、複数種類の液を狙った位置に滴下することで、基板上での微小液滴のの混合を実現できます。

​インクジェット法を用いたplオーダーの微小液滴の混合過程は、μlオーダーのピペットを用いた混合過程と異なる場合があります。

微小液滴であり、乾燥が非常に早いため、滴下順序や滴下時間間隔を変更することで同じ液滴を用いた混合においても違う混合結果を得ることが可能です。

2滴混合による乾燥過程の変化(塩水+エタノール)

着滴後に液を追加することで、1滴の乾燥過程とは異なる乾燥過程になります。

追加滴下する液の種類や滴下量を制御することで、乾燥過程を制御することも可能です。

撥液・親液基板における2滴混合の様子(砂糖水+エタノール)

滴下後の混合の様子は、基板の表面状態によっても異なります。

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.