> 浸透過程

​浸透過程

インクジェット法によって生成された微小液滴は、対象物に着滴し、濡れ広がりながら浸透していきます。

ここでは、インクジェット法によって生成された微小液滴の浸透過程を紹介します。

浸透時間

インクジェット法によって生成された液滴は微小のため、浸透現象が短時間で完了します。

​この浸透時間は基板の吸収層の状態に依存します。

滴下履歴によって吸収層の状態が変化した場合、着滴後の浸透時間も吸収層の状態に応じて変化していきます。

​また、吸収層の多孔質サイズが溶質サイズに比べて小さい場合、吸収層において溶質と溶媒の分離が発生します。

​基材に応じた浸透過程の違い

基材によって、浸透時間は異なります。

​基材表面の濡れ性や隙間のサイズによって同じ液であっても浸透過程が異なります。

紛体への浸透過程

インクジェット法によって生成した液滴を、紛体に滴下した場合、液が浸透すると同時に液の寄り集まりが発生します。この液の寄り集まりによって、紛体の寄り集まりが発生します。

また、紛体のサイズや紛体同士の吸着状態によっては、紛体の跳ね返り現象が発生します。上記動画において、インクジェット液滴の衝突エネルギーによって、空間に紛体が飛び出る現象が確認できます。

株式会社マイクロジェット Copyright © 2016.All Right Reserved.